黒梅日和 飲み方

黒梅日和(くろうめびより)飲み方と注意点って?

黒梅日和(くろうめびより)は、薬ではなくサプリメント。

 

サプリメントって実は食品と同じ位置づけなんですよね。

 

だから、黒梅日和(くろうめびより)の飲み方にはほとんど決まりっていうものはありません。

 

チョコレートはいつ食べたらいいですか?っていう質問と基本的には同じってことですね(笑)

 

 

ただ、やはり下痢対策として飲むわけですからすこしでも実感できるタイミングで飲みたいと思いますよね。

 

黒梅日和(くろうめびより)は基本的には毎日5粒が目安で、水やぬるま湯で飲むように書かれています。

 

モニターさんの87%が実感しているんですが、朝飲む方が多いようですね。

 

で、1週間ぐらいで実感するケースが多いとのことです。

 

 

 

10日程度続けてみても実感出来ない場合は、朝飲んでいたのを夜飲むようにしてみるとか、又は、2回にわけて、朝と夕方に飲んでみる
場合によっては8粒位に増やしてみるといった飲み方を試すとよいです。

 

メーカーさんに集まっている購入者からの経験談によると、上記のような飲み方をすることで実感率が上がることがあるとのことでしたよ。

 

 

薬との飲み合わせ

食品ですから、飲むタイミングや量にはあまり気を使う必要がありませんが、他のお薬をのんでいる場合の飲み合わせには一応注意したほうがよいですね。

 

たとえば、お医者さんで処方してもらうお薬も、グレープフルーツと一緒はだめですよとか、濃い日本茶はあんまりよくないとかありますよね?

 

食品だっていろんな成分が含まれているので、薬の効果を阻害することも当然あります。

 

そういった場合は、やはり黒梅日和のパッケージを持参するなどしてお医者さんに相談しておくと安心ですね。

 

 

妊婦さんや授乳中の場合

それと、妊婦さんとか授乳中の女性の場合はちょっと注意ですね。
はっきりいうと飲まないほうが良いです。

 

というのも、ウコン(ガジュツ)の成分ってけっこう強いのだそうです。
身体が敏感な時期ですし、大人はともかく、赤ちゃんへの影響の可能性は常に考慮して、安全策をとっておいたほうが良いです。

 

 

>>【モニターの87%がその効果を実感!】下痢対策サプリ『黒梅日和』