過敏性腸症候群 下痢 原因

過敏性腸症候群 ストレス性の下痢はどうして起きる?原因と対策

 

ストレスが下痢を引き起こすと聞くと、そうだよね と思いがちですが、ふと疑問がうかびました。

 

ストレスが何かの引き金になって下痢が起こるはずで、ストレス⇒下痢という直接的な原因ではないよね?と思ったんです。

 

そこでいろいろ調べてみたところ、セロトニンが関係していることがわかりました。

 

脳で分泌されると気持ちが落ち着く物質といわれる、あのセロトニンです。

 

 

人体で生成されるセロトニンですが、2箇所で作られているんです。
脳で5%が残りの95%は実は腸でつくられます。

 

脳で生成されたセロトニンは不安感を和らげてくれたり、落ち着いた気分にさせてくれる歓迎すべき成分というイメージですが、腸でつくられるセロトニンはちょっとこまったことを引き起こしてしまうんです。

 

 

ストレスがかかると、腸ではセロトニンが分泌されます。
そして腸が活発に活動することになります。

 

ストレス⇒セロトニン⇒下痢

 

これがいわゆる過敏性腸症候群(IBS)という病気です。

 

 

セロトニンはそれぞれに移動はしないので、腸で沢山分泌されても精神安定効果はないのだそうです。

 

 

ただし、脳のセロトニン分泌が多いひとは、腸内での過剰分泌はおこらないそうなので、ストレス性の下痢の場合は、脳のセロトニン分泌を促すことが下痢を治す一つの方法ということになります。

 

近年過敏性腸症候群(IBS)で悩む人が増加しているようですが、なるほど厳しい職場環境も多い現代は、ストレスからくる下痢を発症する人が多くなるわけですね。

 

では、脳のセロトニン分泌を増やすためにはどうしたら良いのでしょう。

 

具体的には、リズミカルな運動や昼間に適度に日光にあたるといったことですね。
感情表現をゆたかにすることや、動物とのふれあいによる癒やし効果もセロトニン分泌を活発にしてくれます。

 

もちろん、恋も効果的でしょう(笑)

 

セロトニンは直接摂取することはできませんが、原料となる栄養素をとることである程度の改善はめざせるようです。

 

具体的な成分は2つ。
トリプトファンとビタミンB6です。

 

トリプトファンを多く含む食べ物は、乳製品や納豆、バナナ、白米など。
ビタミンB6を多く含む食べ物は、鳥肉、牛肉、にんにく、ピスタチオ、きな粉などになります。

 

ただ、できるだけ毎日となるとこれらを多く含む食事をするというのは現実的ではないかもしれませんね。

 

そんな場合は、脳のセロトニンに着目したサプリメントなども有効だと思います。

 

下痢もだけど、不眠にも悩んでいる。うつの傾向もちょっとある。
という場合にはセロトニン不足を疑ってみたほうがよいかもしれません。
眠れない場合はこれが口コミで人気 です。

 

 

今回、過敏性腸症候群(IBS)のメカニズムを調べたことで、
下痢の改善のために、運動や規則正しい生活、睡眠時間の確保が必要と言われている理由がやっと理解できました。

 

おかげで少しは生活レベルでの改善にも挑戦してみる気になりました。

 

毎日飲むだけでOKなのはこれ!>>【モニターの87%がその効果を実感!】下痢対策サプリ『黒梅日和』

 

 

 

関連ページ

下痢で電車が怖い 薬と対処のしかた
通勤や通学途中の電車でお腹が痛くなると困ります。電車に乗るのも怖くなります。電車通勤中の下痢対処や薬、サプリで改善できます。